緑色レーザーポインターカラス撃退ではDPSS(ダイオード励起固体レーザー)方式の製品が低価格化し普及しているが、光学機器としての部品点数が多く、また電子回路も複雑なため、一般的に赤色レーザーポインターよりも高価な傾向がある。

緑色のインジケータはまた星指示棒、緑レーザーポインターやハンドヘルドレーザーポインター、グリーンレーザーポインターと呼ばれているが、それは非常に直感的な可視光をもち、よく指示に使用されるからだ。

グリーンレーザーポインターのビームはずいぶん明るい、迷光乱反射の発生を徹底抑制するため、教育/天文学に広く使用されている。天文愛好家、スポーツ愛好家、アウトドア愛好家にとって優先的な装置であり、友人や家族へのハイエンドのギフトでもある。

レーザーポインター

グリーンレーザーポインターに用いられる色は、赤・緑・青がもっとも有名です。なかでも赤色のレーザーは、レーザーに興味がない人でも見たことくらいはある色でしょう。赤色レーザーは量産・普及が進んだこともあり、現在は安価な価格帯におかれているレーザーです。

http://laserscheap.mizbanblog.com/post/1

普及しているのが緑色レーザーです。緑色レーザーも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、赤色レーザーよりは価格が高いようです。一般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り、緑色レーザーは赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知れませんが、例えば同じ1mwのものを比べてみると、その差は歴然です。

まだまだ珍しい青い光を放つブルーレーザーですが、ブルー星レーザーポインターはまだとても高価です。当サイトの価格をご覧いただければわかるとおり、かなりの高価格帯に位置しています。しかし、それでも科学の分野など、さまざまなシチュエーションで必要不可欠なレーザーとなりつつあるようです。また、光線を楽しむだけでも、十分魅了的なレーザーのひとつです。青い光線なんてそうそう見ることができませんからね。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています