カラス撃退 レーザーポインターひかりは、実際出力が10000W以上ある本物のグリーンからすレーザーポインター緑ですので、例えば真っ白いコピー用紙などでも焦点を当てれば1~2秒で燃焼させることが可能です。また、焦点を大きく開放するとレーザースポットが大きくなるので、指向性の極めて高い究極のスポットライトとなります。

レーザーポインターカラス撃退LED懐中電灯の射程について

グリーン・レッド・ブルーレーザーポインターの三つの中で射程が一番遠いのはどれですか?

波長が長ければ射程が遠いなのに、なぜみんなはグリーンレーザーポインターの射程が一番遠いと言っています?

普通のレーザーポインターの射程は200m以上であり、レーザ射程は出力パワー、波長などにも関係があります。出力パワーが大きければ射程は遠いです。

グリーンレーザーポインターカラス除けから照射されたレーザは固体レーザーです。レッドとブルーレーザーポインタからのレーザは半導体レーザーです。

すべてのレーザ光を集束レンズで集束してますが、固体レーザの発散角は半導体レーザによりもっと小さいので、グリーンレーザーの光エネルギーを集中させます。それに、超強力グリーンレーザーポインター光のルーメンが高く、グリーン鳩レーザーポインターはほかの色の緑レーザーポインター現場小型 より射程が遠いです。ルーメンは高いほど比視感度が強いと言えます。

工事用レーザーポインター

532の緑色発光の波長変換によって放出された赤外半導体レーザの1064nmの赤外光の非線形結晶(KTP結晶)。緑色光は、半導体レーザから直接出射されない。 KTPの価格が非常に高価であり、赤い光の収率が高くていないがある。全体的な価格になることは、緑、赤よりもはるかに高いです。 200mWの赤色レーザーと緑色レーザー20MW同様の視覚的効果は、消費電力はほぼ同じである

。しかし、緑のより安全。なぜ差回パワー、効果はほとんどすぎる?

緑色の光変換効率は、一般的に500mWの赤外線レーザ管に50mWの緑色であることを意味する10%未満である引き起こす。

青色500mwレーザーポインター容易送信空気、粉塵、水蒸気、可視光路となるように、より大きな電力を必要とする;(大きい散乱波長が短くなる)、赤よりも空気中で緑色の光散乱が大きく、プラス約532nmの650nmの緑色の波長よりも目の感度は8回赤ので、赤色光よりも緑色光の視覚効果は、約10倍大きい。以下は、従来の赤色レーザーモジュールパラメータです:スポット<8x12mm/10メートル定格電圧:2.6〜6V働く温度:-10℃〜+50℃出力電力:<3MW/30ミリアンペア; <5mWの/50ミリアンペアライフ:>10000HのLDレーザスポット投光照明の周りに有意である場合には、

ここで、注意深い観察ダークスポットで:(電球)の品質、レンズ品質、レーザー手袋結晶の品質、レレーザーポインター50mw パワーは、レーザビームの品質に影響を与え、選択は、以下の点に注意を払う必要があります記載のレンズに失敗しました。

http://www.superweb.de/busaka/

http://www.rautemusik.fm/user/busaka/





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています